【SolanaチェーンIDO 11/4】UXD Protocol

投稿日:

Website: https://uxd.fi/
Discord: https://discord.gg/ePVCcczgRy
Twitter: https://twitter.com/UXDProtocol

■ IDOの概要

UXD ProtocolはMango MarketsタイプのIDOを実施します。
IDOリンク: https://ido.uxd.fi


ガバナンストークンは$UXPです。
合計で300,000,000 UXPトークン(総供給量の3%)が販売されます。

<IDOスケジュール>
IDOは11月4日の12時に開催されます(日本時間)。
IDOは合計48時間実施されます。

<Mango MarketsタイプのIDO>
IDO期間中は、誰でもUSDCの入出金が可能で、IDOに参加することができます。
IDOの終了時には、入金されたUSDCの総量に対する自分の割合分のトークンが入手できます。

つまり、Depositし続けたUSDCは全て$UXPの購入にあてられ、その分$UXPのトークン価格が上がります。
抽選式でなく誰でも好きなUSDC分のトークンが買えてしまうので、むしろIDO時は買い圧のみしかない状態での購入になり、IDO終了後は売り圧もある状態での購入となるため、IDOに参加しない方が良い可能性が高いです。(それを考えてみんな参加しないとIDOの方が得となるかも)

■ UXDプロトコルとは

UXDプロトコルは、永久スワップを利用したデルタニュートラルなポジションに100%裏付けられたアルゴリズムステーブルコインです。ステーブルコインのトリレンマ(分散性、安定性、資本効率)の解決を目指しています。現在のステーブルコインは、3つのうち2つしか達成できていませんが、3つすべてを達成するステーブルコインの作成を目指しています。

すごく簡単にいうと、ステーブルを発行した資産(BTCやSOL)を元にプロトコル側がどこかのプロジェクトでショートポジションを持ちます。そうすることでBTCの価格が下がったとしてもショートポジションと合わせて担保資産の損失がでないため(デジタルニュートラルなポジション)、プロトコルはステーブルを発行した分の資産を常に保持できるというものです。


ステーブルコインの市場は巨大で、時価総額は1,300億ドル、取引量は1日あたり1,000億ドルに達しています。しかし、ステーブルコインの時価総額の85%以上は、USDT、USDC、BUSDのような中央集権的な安定コインで構成されており、敵対的な第三者によって検閲される危険性があります。市場が必要としているのは、分散化・暗号化されたネイティブなステーブルコインであり、常に安定していてスケーラブルなものです。UXDプロトコルは、市場にとってそのような存在になることを目指しています。

▼最近同じ方法でIDOが行われたAuroryプロジェクトの結果です。
IDOでの価格は1トークンあたり15.54ドルでしたが、最高値で超えたタイミングはあるものの、基本的にはIDO価格を下回っています。

画像

■ Mango Markets形式のIDOの理由

トークンセールスはシンプルで透明性が高く、ランダム性や運を最小限に抑えた分配であるべきだと考えています。シンプルな仕組みは、構築、説明、理解が容易であり、悪用されにくいものです。透明性の高いメカニズムは、購入者が自分に害を及ぼすような隠されたトリックがないと確信できるため、参加者が増えます。メカニズムに組み込まれた運の要素は、価値をランダムに分配したり、無料の価値を得るために恣意的で価値のない仕事をすることを最も望んでいる人に分配します。私たちは、すべての「余剰」価値はDAOのトークン保有者が獲得すべきだと考えています。トークン販売のカジノ的な側面を取り除くことで、長期的に貢献し統治することに集中する参加者を選択的に促すことができます。

これまで見てきた他のメカニズムは、この基準を満たしていない。例えば、ボンディングカーブでの販売は、他の人よりも数ミリ秒早く購入した人や、他の人よりも早く取引がバリデーターに受け入れられた幸運な人に無料の価値を与えます。固定価格でのトークンの販売にも同様の問題があります。公開市場でトークンを販売するマーケットメーカーへのトークンの販売は、完全には透明ではなく、マーケットメーカーと開発チームの間の契約は非常に複雑なものになるかもしれません。透明性があり、運を最小限に抑えることができる様々な「公正な」ローンチメカニズムがありますが、最終的には非常に複雑で(Mesa Offeringなど)、構築が難しいものになってしまいます。"
※Mango Markets社のライトペーパーより引用

UXDプロトコルは、初のデルタニュートラルなポジションを支持するアルゴ安定コインです。UXDのビジョンを信じ、長期的な視点でガバナンスに貢献したいと考えているトークンホルダーを集めたいと考えています。
他のタイプのIDOは、短期的には少数の人が非常に高い利益率を達成することができますが、長期的にはプロトコルに価値をもたらすかどうかは疑問です。
私たちは、トークンのIDOの後、Mango Marketsのコミュニティを注意深く観察しました。Mango Marketsは、幅広い種類の暗号資産や永久スワップの上場、流動性マイニングのインセンティブなど、さまざまな提案を可決しました。これらの提案からは、コミュニティが知的で合理的であり、進歩していることが推測できます。
UXDプロトコルも、Mango Marketsと同様に、Solanaに欠かせない分散型インフラプロトコルになることを目指しています。

Mango Markets IDOとの小さな違いは、UXD ProtocolのIDOには猶予期間がないことです。誰でもUSDCを入出金できる48時間の販売期間があるだけです。この仕組みは、猶予期間を設けるよりもさらにシンプルで優れていると考えています。

■ UXPトークンとは

UXDプロトコルのガバナンストークンであるUXDプロトコルトークン(UXP)をご紹介します。UXPはまずトークンセールで配布され、その後、DAOが決定するリクイディティマイニングなどで配布されます。UXPのユースケースは以下の通りです。

1.UXPトークン保有者は、UXDプロトコルの価値を高める提案に投票することができます。提案の例としては、以下のようなものがあります。
・UXDプロトコルの価値を高める提案に投票することができます。
・デルタニュートラルなポジションを作るための担保となる暗号資産の追加。
・デルタニュートラルポジションからのプラスの資金調達レートの分配方法を変更する。
・保険基金の資金を安定コイン・スワップ・AMMなどの暗号資産に投資する。

2.デルタニュートラルポジションからのキャッシュフローをUXPトークン保有者に分配。(これはUXPトークン保有者による投票で決定する必要があります)。

3.UXPトークンは、保険基金が資金不足に陥った場合に、保険基金を支える最後の砦となります。

おすすめ記事

1

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

2

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

3

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

4

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

5

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

6

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

7

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

8

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

9

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

10

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

11

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-Solana
-

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.