Solana トークン未発行プロジェクト(Solana公式フォロー)LAVA、Saros、JetProtocol

投稿日:

■ Lava Cash:プライバシー保護

<LAVAのコンセプト>
日を追うごとに、ソラナのネットワークは強力になっています。しかし、ブロックチェーンが1秒間に50件の取引を行うことができても、50,000件の取引を行うことができても、プロトコルの参加者は自分のプライバシーを守るためのツールにアクセスする必要があります。

プライバシーは検閲に強いブロックチェーンの重要な要素であり、それがなければネットワークのファングビリティを壊す非常に明確な方法が存在することになります。
例えば、ファング性が損なわれた場合、ユーザーの資金をプールするスマートコントラクトでSOLを使用すると、taintリスクが発生する可能性がある。疑わずにコインがtaintされたユーザーは、スマートコントラクトへの入金が拒否されたり、SOLを商品やサービスに交換しようとする際に拒否される場合があります。これはSOLトークンの多重経済化につながり、このネットワークが真に検閲に強いネットワークではなくなったこととなります。

LAVAは、プライバシーがソラナのすべてのユーザーにとって、「速く」「安く」ユーザーフレンドリーである世界を想像しています。プライバシーはデフォルトであるべきで、大規模な資産を持つ洗練されたユーザーだけが使用する一連のプロトコルではありません。そのため、私たちはSolana上での最初のプライバシー保護のスマートコントラクトであるLava Cashを発表します。Lava Cashは、zk-STARKを利用して、「Lava Pool」に入ったファンドと出たファンドの間の決定論的なリンクを断ち切る、非拘束型のスマートコントラクトとして設計しました。

このプロトコルの基本的な流れは、複数のブロックチェーン上の人気のあるスマートコントラクトによって展開され、広くテストされています。Lava Cashとこれらの先行者との主な違いは、zk-SNARKの代わりにzk-STARKを利用していることです。これは多くの利点をもたらしますが、その中でも最も重要なのは、信頼できるセットアップセレモニーを廃止し、公的に検証可能なランダム性を採用したことです。

Lava Cashは、Solanaのエコシステムにクリーンで機能的なインターフェイスを提供しながら、可能な限りシンプルに設計されています。このコントラクトは、プライベートアドレス間でSOLを移動させるユーザーにとって優れた選択肢ですが、私たちは「Lava Pool」が合成可能なスマートコントラクトのビルディングブロックとしてさらに活用される未来を想定しています。トランザクショングラフがすべてのコントラクト間の決済を公開する代わりに、コントラクトの相互作用の難読化されたウェブがLava Cashコントラクトに固定されることになる。これにより、例えば、独自のオンチェーン取引戦略やその他の競合情報をリバースエンジニアリングすることが難しくなります。

今後、スマートコントラクトやSolanaランタイムに採用した暗号ライブラリをオープンソース化していく中で、より多くの情報を公開していく予定です。それまでの間、Lava CashでSOLを使う準備をしましょう

ウェブサイト: https://lava.cash

■ Saros: 3種(AMM、Pool、Launchpad)揃えたDEX

SarosFinanceの紹介

Saros Financeは、SarosSwap(AMM)、SarosFarm(Pool)、SarosPad(Launchpad)の3つの基本的な構成要素を備えたSolanaベースの統合DeFi製品です。

SarosSwap

Saros Swapは、Solana上に構築された分散型の自動流動性プロトコルであり、ユーザーがSPLトークンを交換できるようにします。

SarosSwapは他のAMMとどう違うのですか?

技術的には、SarosSwapは、市場に出回っている他のAMM、つまりUniswapとPancakeSwapと同じx * y = k式を使用します。UX / UIとゲーミフィケーションに焦点を当てることで、SarosSwapは競合他社と一線を画すでしょう。

SarosFarm

ビルダーが直面する最も一般的な問題の1つは、プロジェクトの開始後に資産の流動性が高まることです。ソラナでは、プロジェクトの所有者は現在、流動性マイニングプログラムを使用してインセンティブを構築する必要があります。これは、流動性プロバイダーがそのようなプログラムを使用するプロジェクトを絶えず探す必要があるため、流動性プロバイダーを断片化します。

この問題を解決するために、プロジェクトを迅速かつ段階的に流動性を高めるために、さまざまなインセンティブプールの集約プラットフォームであるSarosFarmを導入します。

SarosPad

3回のハッカソンの後、Solana Foundationは、さまざまなプロジェクト(> 300プロジェクト)に取り組んでいる多くの開発者を引き付けました。それにもかかわらず、Solanaプロジェクトは、信じられないほど「低迷」した速度で開始されています。月に約1〜2プロジェクトです。

この遅いペースの理由は、ビルダーがトークンを最も効率的に起動する場所で利用できるオプションが限られているためです。

SarosPadは、実際のビルダーに生産的なランチパッドを提供するために作成されました。このランチパッドは、資金調達に最適なソリューションであるストロングコミットメントオファリング(SCO)を介して、ソラナでの高品質プロジェクトの立ち上げ率を加速します。SCOでは、誰もがSAROSペアのLPトークンをコミットすることで参加する資格があり、その見返りとして、プロジェクトのトークンを受け取ります。

■ Jet Protocol:借入および貸付プロトコル

ジェットプロトコルは、オープンソースの貸し借りプロトコルとしてローンチされます。
ソラナブロックチェーン上のオープンソースの貸し借りプロトコル(以下、「プロトコル」および「ジェットプロトコル」)として登場します。

ジェットプロトコルは、ユーザーがサポートされているトークンを「プロトコル」に預けることができます。ユーザーは、参加のインセンティブとして金利を受け取ることができます。
入金されたサポート対象トークンはプールに保管され、ユーザーがサポート対象トークンでローンを組もうとした場合にも使用されます。
サポートされたトークンでローンを組もうとするユーザーにも使用されます。このため、個々のユーザーはマッチングされません。
プロトコルは、比率やサポートされているトークン、その他様々なニーズを管理するルールを作成することができます。

ジェットは、既存のプロトコルで実証済みのガバナンスモデルを革新し、コミュニティの所有権と関与に重点を置きます。
コミュニティのオーナーシップとエンゲージメントを重視しています。このガバナンスファーストのアプローチの最も重要な点は有用な融資商品を研究、設計、実装するための包括的なコミュニティを構築することです。

ジェットのユーザーは、担保付きの債務を借り入れることができ、ガバナンスで定められた債務比率までの債務を負うことができます。
ガバナンスで定められた負債比率まで借入が可能です。ユーザーが預けた担保の価値が指定された比率を下回った場合、そのポジションはトレーダーなどの外部アクターによって清算されることがあります。

おすすめ記事

1

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

2

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

3

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

4

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

5

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

6

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

7

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

8

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

9

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

10

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

11

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-Solana
-

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.