$HBARとは Hedera Hashgraph

投稿日:

■ 概要

他のブロックチェーンと仕組みが全然違うので難しいです。

Hedera Hashgraphは、分散型取引台帳(別称DLT)です。DLTはブロックチェーンが一般的ですが、Hederaはhashgraphと呼ばれる新しいコンセンサスアルゴリズムを使用しているため、少し異なります。ハッシュグラフコンセンサスアルゴリズムは、従来のPoW(Proof-of-Work)ネットワークが高いレイテンシーと低いtps(Transactions per Second)を特徴とするのに対し、より大規模なトランザクションを処理し確定することを目的としています。Hederaの状態はメインネットノードに保存され、メインネットノードは現在Hedera運営評議会のメンバーによってすべて運営されています。しかし将来的には、メインネットノードはパーミッションレスとなる予定です。これらのノードは、取引の有効性と順序についてコンセンサスを得ることで、Hederaの台帳を保護します。

Hederaは、Hedera Consensus Service (HCS) とHedera Token Service (HTS) という2つのコアネットワークサービスを提供しています。HCS は、クライアントがコンセンサスのタイムスタンプと順序付けのために Hedera ネットワークにメッセージを送信することを可能にしますが、コンセンサスノードがそのメッセージに関連する状態を保存することは要求されません。その代わり、アプリケーションの状態やデータはオフチェーンに保存され、HCSユーザーは自分のユースケースに応じた機密性とアクセス制御を定義することができます。HTS はネイティブなトークン化をサポートし、クライアントは様々なタイプのトークン を作成し管理することができます。トークンの管理には、供給管理、KYCコンプライアンス、ネイティブ・アトミックスワップ、マルチシグ機能などが含まれます。

■ 詳細ー中央集権的構造

Hedera Hashgraph Vision
Hashgraphは、既存のネットワークよりも高速にトランザクションを処理することを目的とした、比較的新しいコンセンサスプロトコルです。Hederaは、Hederaのコンセンサスアルゴリズムであるhashgraphの上に、コンセンサスの重み付けのためのProof-of-Stake、手数料と報酬モデル、暗号通貨、そして2つの主要なHCSとHTSのサービスを重ねています。hashgraphは比較的効率的に取引を処理できる可能性があるため、Hederaはマイクロペイメント、データ保全、トークン化などの大量利用をサポートできるプラットフォームとなることを意図しています。また、このネットワークは、EVMと同様にSolidityで書かれたスマートコントラクトをコンパイルできる仮想マシンをサポートしています。Hederaは、「Verified Identity」メカニズムを介して任意のKYCおよびAMLチェックのネイティブサポートを提供することで、法域を超えたコンプライアンスを実現することを意図しています。

Hederaは、統治メンバーのみがノードを実行する許可制モデルでローンチします。時間とともに、ネットワークのネイティブトークンであるHBARの配布が改善されるにつれて、ノードメンバーシップはパーミッション制から完全なパーミッションなしに移行し、ネットワーク参加者の誰もがHedera合意ノードを運営することができるようになる予定です。

ネットワークを支える主体
Hedera Hashgraph LLC は米国を拠点とする企業で、様々な業界にまたがる 39 の期間限定グローバル企業によって運営されています。これらの企業は、プロトコルの将来の方向性(すなわち、Hedera の短期的なガバナンスモデル)を決定するために協力しながら、Hedera のコンセンサスノードを管理しています。ガバナンスメンバーは、カウンシルメンバーシップ、ネットワークルールとトークンの規制、およびプロトコルの変更の承認に責任を負います。また、法務、財務、マーケティング部門など、従来の企業機能を運営する小委員会も選出されます。運営メンバーは、セキュリティとガバナンスへの貢献の対価として、運営ノードから手数料を受け取るが、メンバーとしての役割で事業体から利益を得ることはない。

Swirldsは、ハッシュグラフコンセンサスアルゴリズムの知的財産を所有する別会社であり、同重量の運営メンバーである。Swirldsは、この技術をHedera Hashgraphにライセンス供与しています。両社は、関連する特許権を用いて、誰かがコードをフォークして、競合するプラットフォームや通貨を作ることを法的に禁止する予定です。コンセンサス・アルゴリズムはオープンソースではありませんが、「オープン・レビュー」であり、誰でもコードにバックドアがないことを確認することができます。さらに、Hederaのアプリケーション開発レイヤーはオープンで、Hederaのアプリケーションを構築するためにライセンスは必要ありません。

■ 出資VC

BlockTower Capitalなどを始めとしたVCが出資しています。

■ $HBAR トークンの詳細

Hederaメインネットのネイティブトークンは「HBAR」です。このトークンは以下のような目的で使用されます。

●取引手数料。取引手数料:クライアントは、取引の処理とタイムスタンプ、およびファイルやトークン残高の保存など、その後のメンテナンスのためにコンセンサスノードにHBARで手数料を支払います。手数料は、DoS(サービス拒否)攻撃を金銭的に禁止することで、DoS攻撃を抑制する役割を果たします。料金は米ドル建てですが、HBARで請求されます。両者の為替レートは1時間ごとに更新され、HBARの価格変動に関係なく、お客様に安定した価格を提供します。

●ステーキングによるネットワークの安全性 ノードがコンセンサスタイムとオーダーを決定する際の影響力は、そのノード自身のアカウントにあるHBARの数と、(将来的に実装される予定の)他の非ノードアカウントがそのノードにプロキシするHBARの数によって加重されます。

●セキュリティのインセンティブ(ステーキングリワード)。ノード(およびノードにHBARをプロキシするもの)は、その期間中の取引検証への参加に応じて、毎日報酬を受け取ります。

初期配分について
Hederaネットワークは、2018年8月24日のネットワークローンチ時に鋳造された500億HBARを総固定供給量としています。Hederaネットワークが一般公開される前に、670万HBARがコミュニティテストプログラム用に確保され、残りはHedera Treasuryアカウントに残されています。2019年9月16日にネットワークが一般公開されると、総計500億HBARの45.09%が、早期経営者、従業員(現在および将来)、SAFTs(Simple Agreement for Future Tokens)投資家、アドバイザー、コミュニティ獲得プログラム、企業・開発者補助金に割り当てられました。残り(54.91%)は、ヘデラ・トレジャリー(Hedera Treasury)に残りました。

プライベートSAFT
Hederaは3つのSAFTを発行し、2017年12月に最初のSAFTが提供され、2018年8月に最後のSAFTラウンドが終了しました。これらのプライベートラウンドでは、合計で全HBARの17.45%が売却されました。Hederaの共同創設者と初期の幹部も、報酬の一部としてSAFTを通じてトークンを取得しました。ベアード博士とハーモン氏(以下、「創業者」)はそれぞれ、総配分の20億HBAR(総供給量の4%)のコイン付与を受けており、それぞれ6年間で権利が確定します。2018年3月以前にヘデラに入社したその他の上級幹部は、SAFTとコイングラントを通じて、合計でコイン供給総量の3.5%を受け取りました。

追加の割り当て
Hederaは、従業員、アドバイザー、ベンダー、その他のサービスプロバイダーを制限付きコインユニット(RCU)の形で補償し、それによって個人が選択した量のHBARを受け取る権利を確定しました。HederaはRCUをカバーするコインプランのために81億HBARの積立金を作成した。

HederaはSwirlds(ハッシュグラフ技術の特許を所有)にHBARの総供給量の5%を一度だけ割り当て、12億4000万トークンを開発者コミュニティとエコシステムの準備資金に割り当てました。

2025年までHBAR全体の34%以上は放出されない見込みです。

Hederaは、悪意のあるユーザー(またはユーザーグループ)が攻撃を行うために十分なトークンを取得することが法外に高価になるほど、流通しているすべてのHBARの合計価値が高くなるまで、許可制のネットワークであり続けるでしょう。

■ コンセンサスアルゴリズム

Hederaメインネットのコンセンサスには、Hashgraphコンセンサスアルゴリズムが使用されています。ハッシュグラフコンセンサスアルゴリズムは、非同期ビザンチンフォールトトレラント(ABFT)です。すべてのノードがコンセンサスの各ラウンドに参加します。つまり、各ラウンドのトランザクションの順序を決めるのに、単一のノードや「リーダー」に依存しないのです。リーダーがトランザクションを検閲したり、不当に遅らせたりすることを許さないという意味で、コンセンサスは「公平」である。

トランザクションの順序付けに加え、ハッシュグラフは各トランザクションに対して、そのトランザクションがネットワークの過半数に達した時間として算出されるコンセンサスタイムスタンプも発行する。コンセンサス・タイムスタンプが決定されると、その取引は最終的なものとなる。これは確率的な最終性に依存する多くの Proof-of-Work (PoW) ネットワークと対照的である。コンセンサスアルゴリズムの正式な証明はこちらで入手可能である。Hederaの手数料モデルは、多くのネットワークで一般的な取引申請のためのオークションベースではありません。料金オークションの概念がなければ、ユーザーは自分の取引が先に提出された可能性のある取引より先に注文される可能性を高めるために、より多くの料金を支払うことができない。

ハッシュグラフは、低レイテンシーで毎秒多くのトランザクションを処理することを目指している。チームは、Hederaのハッシュグラフ・コンセンサスにより、1秒間に1万件以上の取引をサポートすることができると述べている。10,000という数字は暗号通貨取引のみを表し、スマートコントラクトのやり取りを表していない可能性があるため、これらの取引の性質については論争が続いています。

Hederaがこの高いTPSを達成する方法として、Hashgraphの2つのコアコンポーネント、ゴシップについてのゴシップと仮想投票を活用しています。これらのコンポーネントは、ステークによる投票の重み付けとともに、ノードがトランザクションの合意順序を決定することを可能にします。

■ ガバナンス

Hederaは承認制で分散構造ではないため、誰が管理に参加しているかが生命線です。

Hederaは、最大39の任期付き組織と企業で構成されるHedera運営評議会によって所有され、管理されています。評議会のメンバーは、コンセンサスノードの運営とソフトウェア変更の管理に尽力しています。

Hedera 運営協議会の各メンバーは、Hedera プラットフォームのコードベースに対する改善提案や変更を受け入れるかどうかを決定する際に、平等な投票権を持っています。すべてのメンバーの任期は最長3年で、最大2期まで連続することができます。ハッシュグラフアルゴリズムの開発者である Swirlds は、常任理事として対等な投票権を持ちます。Swirldsが初期メンバーを選出した後、カウンシルのメンバーシップ委員会が後任を選出する。

Hederaネットワークは、ガバナンスとコンセンサスを分離している。ガバナンスモデルはより伝統的なもので、National BankAmericard Inc.が先駆的に開発したモデルを使用しています。(現VISA)が1968年に開拓したモデルを採用しています。これは、ヘデラのネットワークにとって最善の利益をもたらすことを行うよう統治評議会に動機を与え、一企業が完全な支配権を握ることを阻止するように設計されている。また、ヘデラ運営評議会が個々のメンバーやノード運営者によって不当に影響されることを防ぐことも目的としています。

ハッシュグラフコンセンサスアルゴリズムは独占的ですが、「オープンレビュー」です。したがって、ネットワークとその暗号通貨はサードパーティの開発者によってフォークされることはありませんが、基礎となるコードはレビューのために一般に公開されています。

現在の運営評議会メンバーは以下の通りです。

エイブリー・デニソン
ボーイング
デントンズ
ドイツテレコム
DLA Piper
EDF
エフトポス
FIS
グーグル
IBM
LG
マガル
野村證券
スタンダードバンク
Swirlds
タタコミュニケーションズ
ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン (UCL)
ウィプロ
Zainグルー

おすすめ記事

1

Oasis公式WalletでROSEをEmeraldへ送る方法。

2

▼目次 公式Wallet Wormhole チェーン間ブリッジ YuzuSwap 分散型取引所(DEX) WePiggy(未稼働)  レンディングプロトコル BandProtocol オラクル Amy ...

3

Solanaチェーン上のメタバースプロジェクトのまとめ

4

Solanaチェーン Socialプロジェクト一覧

5

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

6

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

7

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

8

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

9

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

10

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

11

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

12

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

13

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

14

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

15

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-個別の通貨

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.