【Moonbeam】2022/2/3 StellaSwap ポリゴン(MATIC)初期流動性オファリング(ILO)

投稿日:

$ MATICがMoonbeamにローンチされます。StellaはPolygonブロックチェーンをサポートする最初のDEXであり、ユーザーが$ MATICをMoonbeamネットワークにブリッジできます。

MATIC / GLMRおよびMATIC / STELLAのリストを祝うために、2022年2月3日午後16:00 UTCに最初の初期流動性オファリング(ILO)を開催されます。24時間以内に、コミットしたMATICでSTELLAを20%オフで購入可能です。ILOが終了すると、ペアが一覧表示され、APRのリターンを最大化するための初期の数人の1人になることができます。

ILOとは何か?

Initial Liquidity Offering (ILO)は、新しくスタートしたMoonbeamネットワークに向けて流動性を促進するための新しいメカニズムです。Moonbeamで最初にローンチしたStellaSwapは、Moonbeamに流動性を呼び込むことを主目的とする主要なDEXの1つです。ILOにより、Fantom、Polygonなどの他のブロックチェーンネットワークからの流動性と資本は、Moonbeamネットワークに容易に蓄積することができ、より効率的な市場価格設定を促進し、最終的にはエンドユーザーにとってトークンの価格がより良くなることを意味することになるのです。


StellaSwapのILOでは、ユーザーはPolygonブロックチェーンからMATICをブリッジし、そのMATICを20%割引で$STELLAを購入するためにコミットすることができます。ILOの終了後、StellaSwapはユーザーが大規模なAPRリターンを得るために2つのMATICプールを立ち上げる予定です。MATIC-GLMRプールとMATIC-STELLAプールです。

MATIC ILOの詳細

  • ILOに割り当てられたステラ: 40,000 STELLA
  • ILO期間: 24時間
  • StellaSwapのMATICブリッジローンチ: 2月2日16:00 PM UTC
  • ILO日時: 2月3日16:00 PM UTC
  • ILO終了日時: 2月4日16:00 PM UTC
  • MATIC-GLMR&MATIC-STELLAプールの立ち上げ: 2月4日17:00 PM UTC

StellaSwapのILOメカニズム

ILOでは、StellaSwapはオーバーフロー方式を採用し、比例配分方式と申し込み超過の場合の払い戻し機構を容易にします。つまり、ILOに参加すればするほど、より多くのSTELLAを受け取ることができ、STELLAに変換されなかった残りのMATICは払い戻されます。参加者は好きなだけMATICをコミットすることができ、STELLAの割り当ては、全参加者がコミットしたMATICの合計に対して、コミットしたMATICに比例して行われます。変換されずに残ったMATICは、全額払い戻されます。


1 STELLA = 3.5 MATIC、ILOに割り当てられた40,000 STELLAという単純な仮定で、より明確にするために3つのシナリオを見てみましょう。

シナリオ1:100%充当

このシナリオでは、40,000 STELLAの割り当て全体が、累積で140,000MATICを投資するユーザーによって占められます。14,000 MATICを投資した場合、1 STELLA = 3.5 MATICの価格でSTELLA割り当ての10%を取得します。これは、4,000STELLAトークンに相当します。14,000MATICはすべて4,000STELLAに変換されるため、払い戻しは行われません。

シナリオ2:オーバーサブスクリプションまたはオーバーフロー

オーバーサブスクリプションまたはオーバーフローは、40,000ステラの固定量を追跡するMATICが過剰にあることを意味します。ILOのすべてのユーザーによって合計280,000のMATICがコミットされ、14,000のMATICを投資した場合、STELLA割り当ての5%、つまり2,000のSTELLAトークンを取得します。未使用のため、7,000MATICが返金されます。

シナリオ3:サブスクリプション不足

これは、コミットされたMATICの合計が、確立されたSTELLA割り当てを満たすのに十分でないことを意味します。すべての参加者が合計70,000MATICをコミットし、14,000 MATICを投資した場合、1 STELLA = 0.2MATICの価格に応じて4,000STELLAを取得します。14,000MATICはすべて4,000STELLAに変換されるため、払い戻しは行われません。

ILOに参加するには?

ポリゴンブロックチェーン上にMATICがあることを確認し、ILOの準備を始めることができます。ILOが始まる24時間前に、StellaSwapはMATICブリッジを立ち上げ、ユーザーはILOの準備のためにMATICのブリッジを開始することができます。ILOが始まるとILOのページで24時間、MATICのコミットをすることができます。

調達した資金は何に使用されるか?

調達したMATICのうち10万ドル分は、1週間にわたってバイバックに使用されます。これにより、トークンホルダーの価値を最大化することに貢献できるようになります。

MATICのために調達した資金の残りは、財務省に計上される予定です。StellaSwapはFair Launchモデルのもとで開始されたため、プレセール、プライベートセール、投資家への割り当てがなく、コミュニティへのインセンティブに完全に焦点を当てた排出が行われます。長期的にトークン所有者の価値を最大化するために、StellaSwapはエコシステムを成長させるための資金を財務省に集め、効果的に市場環境を管理しなければなりません。

STELLAのILO割引により、トークンは「ダンプ」されるか?

私たちが解決に腐心している設計上の判断のひとつに、STELLAのネイティブな流動性を強化することがあります。そのための簡単な方法は、ネイティブSTELLA LPファームの排出率を上げることです。しかし、排出量を増やすと売り圧力が強くなり、価値が希薄化するため、短期的な解決に重点を置いた表面的な方法と言えます。私たちが重視したのは、Moonbeamの既存の資金ではなく、「新しいお金」を呼び込むための変数のキャリブレーションでした。そこで、STELLAトークン自体への直接投資を促進するILOを介して新規資金を動機付け、その後は(最初はTVLが低いため)高い初期Aprによってステーキングのインセンティブを維持することに落ち着きました。この二重のアプローチは、私たちのシステム内でより高い「粘着性」を生み出し、その結果、トークン保有者の価値を高めることになります。

StellaSwapについて

StellaSwapは、DeFiの世界への統合ゲートウェイを提供する最初の主要なMoonbeamDEXです。ユーザーは、単一の統合プラットフォームから、交換、獲得、農場の譲歩、資産の橋渡し、新しいプロジェクトの探索、NFT取引に従事することができます。StellaSwapの製品は、STELLA保有者の分散型ガバナンスを促進するように構成されており、設計によって集合的な基盤を革新し続けています。

ウェブサイトTwitter | ミディアム電報Github | Gitbook | Reddit

おすすめ記事

1

Oasis公式WalletでROSEをEmeraldへ送る方法。

2

▼目次 公式Wallet Wormhole チェーン間ブリッジ YuzuSwap 分散型取引所(DEX) WePiggy(未稼働)  レンディングプロトコル BandProtocol オラクル Amy ...

3

Solanaチェーン上のメタバースプロジェクトのまとめ

4

Solanaチェーン Socialプロジェクト一覧

5

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

6

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

7

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

8

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

9

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

10

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

11

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

12

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

13

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

14

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

15

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-Moonbeam

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.