Orca(SolanaチェーンDEX)独自トークン発行

投稿日:

■Orca・ガバナンストークン発行

ORCAは2021年2月にローンチされたSolanaチェーンのDEX。
多くの資金調達を達成している優秀なプロジェクト。
2021年8月9日にトークンが発行され、総供給量は1億、初期循環供給量は525万。

SPL Token Address: orcaEKTdK7LKz57vaAYr9QeNsVEPfiu6QeMU1kektZE (view on Solana Explorer)

<スケジュール>
8月9日:エアドロップ


8月9-10日:OrcaのプールでのORCAの初期価格を決定するためのSerumのマーケットメイク

8月11日:Aquafarmプールが展開(既存のLPが流動性を移行し、新しい預金が行われる可能性あり。排出量はまだ有効ではない)

8月12日:AquafarmsからのORCAトークンの放出が始まります

■入手方法①エアドロップ

ORCAの総供給量は1億、初期循環供給量は525万。
エアドロップはトークン発行発表前のOrca使用者へ配布(締め切り日は、8月2日00:00UTC)。

  • 流動性提供者への配布(4,000,000ORCA): 既存(8月2日以前)の流動性提供者(LP提供)へ配布される。これまでリスクを負担していたため、大部分の報酬がここに割り当てられます。100ドル以上の流動性を提供したすべてのウォレットにエアドロップを行います。配布される金額は、米ドルで時間の経過とともに提供された平均流動性に比例します(スナップショットは約10分ごと)。これは、orca.so / statsのLPリーダーボードで確認できる。
  • トレーダーへの配布(1,000,000ORCA):トレーダーはリスクを負っていないため、配布割り当ては比較的少ない。
    ★普通のユーザー:米ドル換算での取引金額が合計で1,000~10,000 USDの全てのアドレスに分割50万ORCA
    ★ヘビーユーザー:米ドル換算での取引金額が合計で10,000USD以上を交換したすべてのアドレスに分割50万ORCA
  • アドバイザーへの(250,000ORCA):プロトコルの早期流動性の調達に協力した、アドバイザーであるe ^ {i}ベンチャーに割り当て。

詳細はOrcaWebサイトのTokenomicsページで確認

またローンチ時に収穫農場(Aquafarmプログラム)に参加するための追加のトークン販売はなし。ORCAチームメンバーとVCは、1年のロックアップを伴う3年の権利確定スケジュールでORCAトークンを受け取るため、2023年までAquafarmプログラムには参加しない。

■入手方法②Serumでの購入

エアドロップの直後、「ORCA / SOL」および「ORCA / USDC」プールがOrcaで稼働する2日前に、e ^ iベンチャー(Orcaのアドバイザーおよびプロのマーケットメーカー)がSerumにORCA / USDC市場を作成する。2日後、この価格を使用してOrcaのプールの初期価格が設定される。

■入手方法③収穫農業(アクアファーム)

ORCAトークンと一緒に、Orcaの収穫農業プログラムであるAquafarmsが開始される。

トークンが起動すると、流動性プールのセットがAquafarmsとなる。

現在、Orcaのプールの流動性プロバイダーは取引手数料を稼いでいるが、Aquafarmsの流動性プロバイダーは、取引手数料とORCAトークンの両方を獲得。これらは、プールの[LP]シェアに応じて比例して分配される。将来的には、他のプロジェクトが独自のトークンを報酬として追加できるようにする機能を追加する予定。

■収穫農業はどのようにしてOrcaプロトコルの価値を生み出すのか。

  1. 段階的な分散化(価値の創造者、別名LPへのガバナンストークンの配布による)
  2. スワップのレートを改善する流動性を引き付ける

すべてのAquafarmが同量のORCAトークンを発行という設定ではない。各アクアファームには排出ウェイトがあり、LPが最も必要とされる場所に流動性を向けるように促す設定となる。農業が始まった後、以下は2週間ごとに調整される。

  • Aquafarmsのメニュー(トークンを放出するプール)
  • 1週間に放出されるトークンの合計量
  • 各アクアファームの排出重量

すべてのアクアファームの初期排出量は、最初の2週間は週に約200,000トークンで、次の重みの設定。

ORCAプール:

  • ORCA / SOL:3倍
  • ORCA / USDC:3倍

通常のOrcaペア:

  • SOL / USDC:1.5倍
  • SOL / USDT:1.5倍
  • レイ/ソル:1x
  • SOL / ETH:1x
  • ETH / USDC:1x
  • USDC / USDT [安定]:1x(…入出金手数料なし!)

初期排出量が他のプロジェクトと比較して低く設定されている。
その理由は、多くの他プロジェクトでの流動性マイニングプログラムは、特にネイティブトークンの場合、非常に高い排出量と比較的短い排出スケジュールから始まる。これは多くの初期流動性と取引活動を引き付けるが、その初期ブーストは急速に減少する傾向があり、プロジェクトはすぐに枯渇してしまう。対照的に、ORCAを段階的に配布するように流動性マイニングプログラムを設計し、トークンが今後数年間の主要な時間枠でプロトコルの開発をサポートできるようになっている。

■ORCAトークンの価値

ORCAトークンはORCAでの取引手数料収入によりトークンの価値が上がるよう、設計されている。

目的主導の料金配分

ORCAトークンがOrcaの価値を正確に反映するには、実際のプラットフォームでの取引活動にリンクされている必要がある。

現在、一定の商品プールでのすべての取引の0.3%は流動性プロバイダーに金利として分配される。ガバナンストークンが発行されると、次のように配分を調整される(USDC / USDT安定プールなどの低料金のプールは使用者が支払う取引手数料に比例して調整さる)。

  • 0.25%→流動性プロバイダー
  • 0.04%→オルカ財務省
  • 0.01%→インパクトファンド

*このディストリビューションは将来変更される可能性があることに注意。

■上記の内訳の詳細

①流動性プロバイダー🐳

より多くの流動性はトレーダーにとってより良いレートを意味し、それは今度はより多くの取引活動につながり、Orcaエコシステムのすべてのプレーヤーに前向きな効果を生み出す。ただし、流動性プロバイダーは、Orcaに流動性を預けることを選択することにより、かなりの機会費用を負担する。したがって、健全なAMMエコシステムを促進することを目的として、取引手数料の大部分は引き続きLPに送られる。

オルカ財務省💸

Orca Treasuryは、Orcaプロトコルの長期的な成長をサポートするために使用されるDAO。考えられるユースケースには、機能開発、トークンの買い戻し、または新しい市場への成長が含まれる。最終的に、資金の使用はORCAトークン所有者によって管理される。

③オルカインパクト基金💛

オルカは、暗号空間内だけでなく、私たちの周りの世界にも価値を創造することが重要であると考えている。そのため、Orca Impact Fundをリリースしている。この基金は、Orcaのすべての取引手数料の0.01%を四半期ごとに実際の慈善活動に寄付する。

寄付金はどこに行くか?

スキューバダイバーとして、私たちは海への愛情をOrcaブランドに注ぎ込むことに興奮していました。しかし、私たちの海の未来は、水温の上昇によって大きなリスクにさらされていることも認識しています。私たちは、気候変動が今日私たちの世界が直面している最も差し迫った問題であると信じています。したがって、私たちの最初の寄付は、海洋生態系を保護し、気候変動と戦う両方の目的に向けられます—そして私たちはあなたにOrcaコミュニティに受取人を選ぶように頼みます。今月後半にさらに詳しく説明します。

■価値創造の加速

ガバナンストークンの重要な目的の1つは、価値の創造を加速することです。これにより、プロジェクトは急速に成長するエコシステムで競争できる。ガバナンストークンは、貢献者がアイデア、才能、および苦労して稼いだ流動性をプロトコルに委ねるように促す、美しく実力主義的な方法となります。暗号は世界経済のますます不可欠な部分になりつつあり、DeFiはより公平な現状を作り出す機会を提供すると私たちは信じています。そのため、3年間のタイムラインでOrcaの段階的な分散化を目標としています。

■ORCAの今後のビジョン

Orcaは、Solanaで最高の汎用AMMになることを目指している。「汎用」とは、ステーブルコインやラップされたアセットだけでなく、Solanaエコシステムのすべてのトークンをサポートすることを意味する。そして「最高」とは、下記を意味します。

  1. 使いやすい
  2. 構成可能
  3. 資本効率

これらの点に一度に1つずつ説明。

ユーザーフレンドリー:最初から、私たちのUXは、ユーザーがOrcaに来る理由でした。今後数か月間、より多くのウォレットをサポートし、新しいトークンが市場に出たらすぐにリストすることで、エクスペリエンスをさらに向上させていく。

構成可能:最近、Orca SDKベータ版をリリース。これにより、プロジェクトでOrcaをスワップマネーレゴとして使用するのがはるかに簡単になります。さらに、Phantom、Step Finance、Sonar、CoinGecko、DeFi Landなどと統合されています(または統合が進行中です)。

資本効率:一定の製品のAMMは、その単純さにおいてエレガントですが、最も資本効率が高いわけではありません。Uniswap v3は、より強力なAMMへの道を開きましたが、(新しいポッドキャストOrcaPodのエピソード1で説明したように)、探索の余地ははるかに大きいと考えています。トークンの発売後、コアAMMの資本効率を改善するために、スマートコントラクトレベルで革新する計画を立てています。

これらは高い目標です。ORCAトークンは、開発者、流動性プロバイダー、およびトレーダー間のインセンティブを調整して、そこに到達するのを支援します。

おすすめ記事

1

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

2

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

3

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

4

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

5

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

6

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

7

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

8

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

9

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

10

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

11

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-Solana
-,

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.