OASIS NETWORKとは

更新日:

■ Oasisとは

Oasisは、Oasis Labsによって設計された、プライバシーに特化したレイヤー1のプルーフオブステーク・スマートコントラクト・ブロックチェーンです。

特徴はプライバシー対応です。
すべての取引が誰でも見ることができるEthereumとは異なり、Oasisブロックチェーンでは、取引/計算をシールドすることが可能。そのため、ユーザーやアプリケーションは常に機密性を保つことができます。

■ Oasisのすごさ①圧倒的な技術力

Oasisのネットワーク設計は、イーサリアムとポルカドットのハイブリッドになります。OasisがEthereumと異なる点は、コンセンサス層と計算層を切り離していることです。

これにより、スケーラビリティ、汎用性、プライバシーなど、多くの重要な要素を実現しています。

コンセンサス層:ここでトランザクションが検証され、ブロックチェーンに書き込まれます。ネットワークのセキュリティを担うのはこの層です。モジュラーデザインのおかげで、コンセンサスメカニズムは簡単に変更することができます。コンセンサス・メカニズムとは、簡単に言えば、取引を検証してブロックチェーンに書き込む方法を決定する方法です。

ParaTime層:アプリケーションが計算を実行する場所。

a. スケーラビリティ
Oasisは主に2つの方法でスケーラビリティを実現しています。

①コンセンサス層とアプリケーション層の分離
②ParaTimes社の並列処理

この2つの方法により、Oasisは1秒間に1000トランザクションという大幅なスケーラビリティを実現しています。これは、Ethereumに比べてバリデーターの数が少ないということで、達成できていることに注意が必要です。とはいえ、ブロックチェーンが不変であり、それを操作するためのコストが悪質な行為者を阻止するのに十分なほど高ければ、利点となります。

b. 汎用性
Ethereum上で構築されるすべてのDAPは、ユースケースに最も適していなくても、同じランタイムを使用しなければなりません。ランタイムとは、簡単に言えば、アプリケーションが構築される環境のことです。例えば、DAO(分散型自律組織)の理想的な実行環境と、DeFiアプリケーションの理想的な実行環境は全く異なります。簡単に言えば、すべてのユースケースにとって、すべての環境が理想的というわけではないのです。

そのため、Ethereumは部分的に制限されています。OasisはParaTimesを利用することで、DAppビルダーに幅広い環境を提供することができ、計算層の汎用性が向上します。これは、Oasisのネットワークが複数のParaTimesを並行して動作させることができるからです。これは、複数のパラチェンを並列に走らせるPolkadotとよく似ています。

このParaTimeの設計構造には分離可能性が組み込まれているため、1つのParaTimeの障害がシステム全体に影響を与えることはありません。また、開発者は誰でも新しいParaTime環境を作り、それを他の開発者に提供することができます。現在、EVM互換のParaTimeがあり、イーサリアムネイティブのアプリケーションを最小限の変更でOasisに展開することができます。

c. アップグレードのしやすさ
コンセンサス層とParaTime層は、ハードフォークを必要とせず、簡単にアップグレードできます。つまり、エコシステムは、時間の経過とともに必要なアップグレードを行い、シームレスに進化していくことができます。これを可能にしているのは、全体に影響を与えることなく部品を交換できるモジュラーデザインのアーキテクチャです。例えば、コンセンサスレイヤーのコンセンサスメカニズムは、比較的簡単に変更することができます。

d. プライバシーの保護
Oasis Networkは自らをプライバシーファーストのブロックチェーンと称していますが、その証明は実行の中にあります。パラタイム層では、機密コンピューティング技術を使用することで、プライバシーを実現しています。機密コンピューティングを実現する方法はいくつかありますが、現在、発行されたParaTimeで使用されているのは、信頼できる実行環境(TEE)です。

TEEとは、簡単に言えば、計算が実行される不可解なブラックボックス(比喩)です。例えば、ユーザーがアプリケーションと対話してトランザクションを発行すると、このトランザクション要求とユーザーのデータがTEEに送られて計算されます。採掘者、開発者、検証者はTEE内部で行われていることを見ることができないため、データが流出することはありません。計算が終わると、データは暗号化され、検証のために送られます(ブロックチェーンへの追加)。

■ Oasisのすごさ②新しい使い方ができるプロダクト

プライバシー機能は、トークン化されたデータやプライベートDeFiのような新しいユースケースを可能にします。これらのユースケースは、現在のEthereumでは不可能です。

a. プライベート DeFi

あなたのデータ(トークンの残高やその他のブロックチェーンでのやりとり)が、第三者に知られることなく計算に使用できるなら、DeFiはこの能力を使って新しい製品やユースケースを解き放つことができます。担保不足の融資からフロント/バック・ランニングの防止まで、Oasis Networkは、DeFiをトレーダーやアーリーアダプターだけでなく、メインストリーム市場へと拡大することを目指しています。

b. データのトークン化
現在のインターネットのデータ構造は壊れています。企業はユーザーのデータを利用して利益を得ていますが、ユーザーには何も還元されていません。さらに、このデータを使ってユーザーの情報を取得し、その情報をもとにユーザーの行動に合わせた広告を出しています。ブロックチェーンの不変性、スマートコントラクトの確実なポリシーの実施、Oasisの機密コンピューティングによるプライバシーの有効化などにより、データ・トークン化という新しいパラダイムが可能になります。このパラダイムでは、データ提供者(ユーザーを含む)が自分のプライベートデータを公開し、それが使用されたときに報酬を得ることができます。これにより、新しい責任あるデータ経済が実現します。

これらの新しいユースケースが素晴らしいのは、すでにケーススタディで試されていることです。

1.Nebula Genomics社は、競合他社とは異なり、ユーザーが自分の遺伝子データを所有することを望んでいます。ユーザーデータオアシスは、ネビュラジェノミクス社と提携し、同社の顧客が自分の遺伝子データを完全にコントロールできるように支援しました。機密コンピューティング機能のおかげで、Nebula Genomics社は顧客の生の情報を見ることなく、データの分析を行うことができます。

2.Oasis Labsは、Binanceと提携して、取引所が脅威情報データを共有できるプラットフォームであるCryptoSafeを開発しました。Oasisネットワークが可能にした秘密の計算により、取引所データは比較されている間も秘密が保たれます。

■ Oasisのすごさ③急成長するコミュニティとパートナーシップ

ブロックチェーン(分散型)プロジェクトは、そのコミュニティが活気に満ちていてこそ成り立ちます。Oasisはその点で優れており、1,000人近いノード運用者、開発者、企業パートナー、アンバサダー、そして1万人近いコミュニティメンバーがグローバルなソーシャルチャンネルに参加しています。

特に注目すべきは、レイヤー1ブロックチェーンの中で、Oasisが最も多くの大学プログラムと提携しているという事実です。ケンブリッジ大学やロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを含む5大陸の25以上のトップ大学と提携しています。

■ Oasisのすごさ④トップレベルのチームと価値の高いバッカー

プロジェクトは、その背後にあるチームがあってこそ成り立つものですが、Oasisの場合、このチームは、Google、Amazon、Apple、Goldman Sachs、Harvard、Stanfordなどのチームメンバーからの貢献を誇る、最高品質のものです。Oasis Labs(Oasis Networkのコア開発者)は、2018年にカリフォルニア大学バークレー校のDawn Song教授によって設立されました。初期のプロトコル開発を支援するために、a16z crypto、Polychain Capital、Binance Labsなどから4500万ドルを調達しました。

■ まとめ、現状

多くのVCもサポートしており、期待できるプロジェクト。

現在の価格は低迷しており、時価総額ランクも234位のため、まだまだ買場とみます。

かなりおおくのVCが投資しています。https://messari.io/asset/oasis-labs/profile/investors

■ウォレット・ステーキングの方法

おすすめ記事

1

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

2

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

3

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

4

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

5

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

6

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

7

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

8

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

9

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

10

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

11

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-DeFi 初心者, Oasis, 個別の通貨
-

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.