Bunicorn ゲーム内新トークン$BURフェアローンチ 2021年08月29日(日) 日本時間13:00

投稿日:

■Bunicorn新トークンBUR

BUR(Bunicornユニバーサルリワードトークン)は、リワードペイアウトトークンです。これはAxieInfinityのSLPに似ており、BunicornMetaverseのすべてのゲームで使用される。このトークンは、2021年8月29日午前4時(UTC)⇒日本時間の29日午後1時に、Bunicornの流動性ブートストラッププール(LBP)を使用してフェアローンチが行われる。

この記事ではセールの参加方法について記載。
トークンの用途などについては以下の記事を参照。


■IDOの概要

このIDOの肝は開始ウェイトと終了ウェイト(BURとBNBの比率)が変わるのが特徴。
つまり徐々にプールのBURトークンが解放されるため、解放のタイミングで強制的に価格が下がる。

  • 開始時期:8月29日PM1時(日本時間)
  • ペア:BUR / BNB
  • 開始価格:$ 0.09 USD
  • 開始ウェイト:90:10
  • 終了ウェイト:40:60
  • 期間:48時間
  • 初期供給:1000万
  • 最大供給量:無制限
  • トークン契約アドレス:0xc1619D98847CF93d857DFEd4e4d70CF4f984Bd56
  • トークンシンボル:BUR

■価格推移のイメージ

理論上は以下のイメージ。購入者の買いで価格上昇したタイミングでトークンプール解放での下落という動きが48時間続く。
後で詳細説明するが、購入したトークンの全てを保持しているとNFTが貰える特典を付けているため、購入者の売り圧は少ない可能性が高い。

■上場開始時の立ち回り想定
徐々に解放される仕組みとは言え$0.09USDで購入できるのは開始直後のみと考えられるため、開始時は早押し。
価格がある程度上昇したタイミングではプールの解放を待ち安値を狙う。

■プール比率変動の仕組み(Bunicorn Liquidity Bootstrapping Pool)

Liquidity Bootstrapping Pools(LBP) - イーサリアムのバランサーによって導入された、流動性を構築しながらトークンを配布する方法。BunicornはこのモデルをBinance Smart Chainで採用した最初のプロジェクトとなる。

BunicornのLBPについて詳細は、以下の通り。
通常のプールでは、2つの資産の価値が50:50で一致する。LBPは特別なタイプの流動性プールで、時間をかけてプールの重みを調整し、価格に一定の下降圧力をかける。これにより、チームは高い資本効率でプロジェクト・トークンをリリースすることができると同時に、大きな流動性を構築し、不公平なトークン分配の懸念を解消することができる。


LBPにおけるトークンの価格には、2つの競合する力が発生。
●1つ目の力:プール比率変更によるトークン価格の下落。
トークンプールの比率が変わることで、トークンの価格は自然と押し下げられる。上場直後は発行されるトークン(BUR)がプールの価値の大部分を占める状態から始まり、最終的にはかなり低いレベルになる。
●2つ目の力:トークンの購入による価格上昇。プールがライブになったときに、フロントランナーのボットがすぐにトークンを手に入れた場合、Bunicornでの価格はすぐに低下し、プールのトークン比率の変更後にボットが支払った取得価格よりも少ない価値を保持することになる。

つまり、大規模な買い手は、一気にトークンを購入して高い価格でトークンを購入するより、トークン比率が調整され価格が下がったタイミングでの購入を繰り返すことの方が良く、大きな「バンプ」は発生しにくい。

理論的には価格は最終的に、市場全体がトークンの正確な価値であると認める値に落ち着く。

■BUR購入でNFTが貰える!

ブートストラップの最後に、アドレスごとのBUR購入額(最低1BNB)を記録し、2021年9月15日にこれらのアドレスに当社の独占的なBunicorn Bounty NFTをエアドロップする。これらのNFTは、今後予定されているNFTステークスプールへのステークスに使用でき、ゲームの収益の一部を受け取ることができる。これは、販売終了後にBURの購入をすべて保持している方にのみ適用される。

■フェアローンチとはなにか

フェアローンチは、市場価格決定までのトークン発行期間が長く、価格が平等なトークン流通モデルのことで、優先された割引がないローンチ。「プライベートセール」「VC」「IDOチケット」による有利な価格での取得はなく、トークンが市場供給されます。

フェアローンチの流通モデルを採用しているプロジェクトは、「すべての参加者が同じルールでゲームに参加できるようにする」という目的があります。Bunicornの場合、トークンのIDO上場後に偽のポンプで購入するために争うことをしなければ、BURを適切な価格で購入することが可能。

■今回のIDOの目的(Initial Liquidity Offering)

トークン配布の主な目的が、トークンの初期流動性を調達することであることを意味します。イベント中に調達された流動性はすべて、ローンチ直後にBunicorn ExchangeのAMMプールに追加される。この新しいプールの初期価格は、フェアローンチの需給バランスによる価格発見フェーズで決定された最終価格となる。
このフェーズの後にトークンが残っている場合、それらはすぐに燃やされ、Bunicornチームは自分たちでさらにトークンを発行する許可を取り消す。その後、BURが発行される唯一の方法は、ゲーム内の報酬支払いのみとなる。

■$BURのユーティリティ

●融合のためのBUR:主要なチェックポイントでトレーナーのレベルを上げるためには、同じレベルのトレーナーを2体合体させてフュージョンを行う必要がある。融合にはBURが必要。このBURはバーンされ供給量が減る。

●強化用BUR:Bunicornのステータスを向上させるためには、BURを消費して異なるBunicornを融合させる必要がある。これらのBURはバーンされる。

●ステーキング用BUR:BUNIトークンを手に入れるために、BURをステーキングできる。

■最後にBunicornについて

Bunicornは、DEFIとブロックチェーンのゲーム体験を次のレベルに引き上げる強力なDEFIゲームプラットフォームです。

Bunicornエコシステム内

— Bunicorn RPGゲームは、「Play to Earn」モデルとして設計されており、ユーザーを絶妙なNFTグッズで魔法の「Bunicorn」の世界にテレポートします。

— Bunicorn取引所は、流動性プールと流動性マイニングを通じて投資家に利回り獲得の機会を提供する高性能AMM DEXであり、取引可能なNFTにラップされた独自のタイムロック報酬を備えています。

おすすめ記事

1

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

2

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

3

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

4

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

5

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

6

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

7

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

8

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

9

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

10

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

11

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-BSC, ブロックチェーンGAME
-,

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.