TerraチェーンでのDeFiの始め方

投稿日:

▼目次

  1. Wallt(TerraStation)の作成
  2. プロジェクトを探す 
  3. 主要なプロジェクト
    TerraSwap
    Anchor Protocol
    Mirror Finance
    Pylon Protocol
    Spectrum Protocol
    Orion Money

■ Wallt(TerraStation)の作成

Terraの公式デスクトップウォレットのTerraStationを使用するプロセスについて説明します。

#TerraStationをインストールする

  1. オペレーティングシステムのダウンロードリンクをクリックします。
  1. ダウンロードしたファイルを開き、出てくる指示に従います。

#ウォレットを作成する

  1. Terra Stationデスクトップアプリを開き、[新しいウォレット]をクリックします。
  2. 安全なウォレットの名前とパスワードを入力します。
  3. パスワードを確認。
  4. 24語のシードフレーズを表示どおりに正確にメモします。

※シードフレーズの保護
シードフレーズを持っている人は誰でもWalletにアクセスできます。シードフレーズは流出しないよう、次のヒントを参考にしてください。

  • シードフレーズをデジタルファイルとしてどのデバイスにも保存しないでください。
  • シードフレーズはペンと紙で書き留めてください。
  • シードフレーズが書かれた紙を安全な場所に保管してください。
  • サポートスタッフでさえも、誰にもシードフレーズを与えないでください。
  1. 文章を確認して、すべての単語のスペルが正しく、正しい順序になっていることを確認します。
  2. シードフレーズを書き留めたことを確認するチェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックします。
  3. 各プロンプトで正しい単語を入力または選択して、シードフレーズを確認します。
  4. [ウォレットの作成]をクリックします

TerraStationウォレットの作成完了です。

#取引所からトークンを受け取る

  1. Terraをサポートする取引所を使用してトークンを購入します。
  2. Terraネットワークでサポートされているトークンを取引所から引き出します。トークンを引き出す方法のガイドについては、取引所のWebページにアクセスしてください。一般的なガイドとして、次の手順を使用してください。
    ①ウォレットにトークンを受け取るには、ウォレットアドレスを使用します。ウォレットアドレスは、Terrastationデスクトップアプリの上部のウォレット名の近くに表示されます。
    ②送信する前に、ウォレットアドレスが正しいことを再確認してください。
    ③取引所からTerraStationウォレットアドレスにトークンを送信します。

転送の待機時間

取引所からTerraにトークンを転送する場合、トークンがウォレットに表示されるまでにしばらく時間がかかります。この待機期間は正常であり、取引所によって異なります。転送がすぐに表示されない場合は、しばらくしてからもう一度確認してください。

これで、Terraにトークンができました!

#コインを交換する

  1. Terra Stationを開き、ウォレットを接続します。サイドバーの[スワップ]をクリックします。
  2. コイン交換セクションに移動します。左側でコインを選択し、交換したい金額を入力します。
  3. 右側で、交換したいコインを選択します。
  4. [次へ]をクリックします。新しいウィンドウが表示されます。
  5. 取引金額を確認し、パスワードを入力してください。
  6. [スワップ]をクリックしてトランザクションを完了します。

#LUNAステーク

LUNAをバリデーターにステークして、報酬の獲得が出来ます。

  1. Terra Stationを開き、[ステーキング]をクリックします。
  2. バリデーターを選択し、バリデーターリストのモニカー列で名前をクリックします。
  3. デリゲートをクリック。新しいウィンドウが表示されます。
  4. [量]フィールドで、委任するLunaの量を指定し、[次へ]をクリックします。

手数料のためにコインを準備してください

手数料を支払うために常にいくつかのコインを保管してください。ウォレットの全額をステークしないでください。手数料がなければ、取引はできません。

  1. 金額と手数料を再確認してください。パスワードを入力し、[委任]をクリックします。

LUNAの委任ハーベストが完了です!

■ プロジェクトを探す

Terra公式サイトのプロジェクト一覧から探す:https://www.terra.money/ecosystem

DeFi LlamaでTVLが大きいプロジェクトを探す:https://defillama.com/chain/Terra

■ 主要なプロジェクト

TerraSwap

TerraSwapは、Terraで最初の分散型取引所です。これは、SushiやUniswapに似た自動マーケットメーカー(AMM)ベースのプロトコルですが、Terra上のネイティブTerraトークンとCW20トークンを交換するために特別に構築されています。

アンカープロトコル

アンカーは革新的な分散型貯蓄プロトコルで、UST預金で20%の固定利回りを提供します。2021年3月に発売されたAnchorは、Terraで最も人気のあるDeFi製品の1つで、時価総額は約3億8400万ドル、総額は約33.6億ドルに固定されています。

アンカーは最低保証金を設定しておらず、ロックアップもありません。利回り資産に担保を提供する借り手に預金資産を貸し出すことにより、UST預金に対して安定した20%のAPYを生み出します。アンカーが「リキッドステークアセット」またはボンドアセット(bAssets)と呼ぶこれらのアセットは、プルーフオブステークチェーンのステークネイティブトークンを表します。たとえば、アンカーは、LUNAトークンに担保を要求する代わりに、借り手がローンに支払う金利に加えて、賭けられたLUNA(bLuna)に担保を設定することを要求します。 

これは、プロトコルに2つの収益ストリームがあることを意味します。1つは、利回りを生み出す担保からの利回り(預金は過剰担保されているため、貸し手にとってリスクはありません)であり、もう1つは、借り手が支払う金利です。アンカーは、「アンカーレート」と呼ばれる固定の20%の金利を提供しています。これは、プロトコルが借り手から20%以上を稼ぎ、それが少なくなったときの利回り準備金が用意されています。

ミラーファイナンス

ミラーは、株式や債券などの実世界の資産の価格行動を模倣するミラー化資産(mAssets)と呼ばれる合成資産の作成を可能にするDeFiプロトコルです。ミラーの目標は、誰もが許可なく株式を所有および取引できるようにすることです。ユーザーは、MakerDAOの借り手がDAIを作成するのと同様に、USTまたは他のmAssetを担保として使用して、担保付き債務ポジションを作成することにより、mAssetを作成できます。新しく作成されたmAssetは、MirrorまたはTerraSwapで取引可能なApple(AAPL)やGoogle(GOOGL)などの実株の端数株を表す合成繊維です。

ミラーは、ユーザーが合成株をミントして取引できるようにするだけでなく、比較的高利回りのマーケットニュートラルな流動性マイニング戦略を提供するため、流動性プロバイダーにとって特に魅力的です。

パイロンプロトコル

Pylonは、Anchorのような安定した歩留まりを伴うプロトコルに基づいて構築された歩留まりリダイレクトプロトコルです。これにより、ユーザーは安全または回収可能な預金を作成して、さまざまなサービスの支払いやプロジェクトへの投資を行うことができます。資本を危険にさらし、直接預金で物を購入または投資する代わりに、Pylonユーザーは、Achorを活用して、適切と思われる目的に利回りをリダイレクトできます。  

たとえば、Initial DEX Offering(IDO)を介して暗号通貨のスタートアップにリスクの高い投資を行う代わりに、Pylonユーザーは、元本ではなく利回りのみを投資する回収可能な預金を行うことができます。資本を投資する代わりに、ユーザーは利回りを支える資本を固定し、利回りを投資に向け直します。このようにして、ユーザーはリスクを軽減し、プロジェクトは委任された利回りから得られる経常収益ストリームから資本を調達することができます。 

プロトコルは、さまざまな独立したプラットフォームによって維持され、PylonのネイティブガバナンストークンであるMINEの所有者によって管理されます。

スペクトルプロトコル

Spectrumは、Terraで最初の分散型歩留まりオプティマイザープラットフォームです。これは、Yearn Finance、Vesper Finance、HarvestFinanceなどの他のイーサリアムネイティブアグリゲーターツールと同様に機能します。Spectrumは、Terra上に構築されたさまざまな流動性プールまたはその他の収穫量農業製品からの報酬を自動合成することにより、ユーザーの収穫量農業を最適化します。

Spectrumの現在の主力製品はVaultsであり、ユーザーは資産を賭けて、自動複利と自動ステーキングの2つのガス節約戦略から選択できます。自動複利では、ボールトは、最初に預け入れられた流動性プールに利回り農業報酬を複利で戻すことにより、預け入れられたトークンの量を自動的に増やします。自動ステーキングを使用すると、ボールトは報酬をそれぞれのガバナンスステーキング契約に自動的に賭けます。

オリオンマネー

Orionは、EthAnchorクロスチェーンブリッジを介してTerra上のAnchorProtocolと統合するEthereumベースのプロトコルです。これにより、イーサリアムユーザーは、wUST、DAI、USDT、USDC、FRAX、BUSDなどのイーサリアムネイティブのステーブルコインで固定金利を獲得できます。舞台裏では、OrionはこれらのステーブルコインをラップされたUST(wUST)と交換し、アンカーUSTレートのアンカープロトコルにそれらを預けます。ユーザーが預金を引き出したい場合、Orionは自動的にプロセスを逆にするか、アンカーのUSTをアンステークし、それを目的のステーブルコインに変換して、ユーザーのイーサリアムウォレットに預金します。

Orionの現在の固定利回りは、さまざまなステーブルコインで13.5%から16.5%の範囲であり、20%のアンカー率をわずかに下回っています。ただし、イーサリアムのステーブルコインで提供される最高の歩留まりの1つです。 

おすすめ記事

1

Oasis公式WalletでROSEをEmeraldへ送る方法。

2

▼目次 公式Wallet Wormhole チェーン間ブリッジ YuzuSwap 分散型取引所(DEX) WePiggy(未稼働)  レンディングプロトコル BandProtocol オラクル Amy ...

3

Solanaチェーン上のメタバースプロジェクトのまとめ

4

Solanaチェーン Socialプロジェクト一覧

5

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

6

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

7

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

8

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

9

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

10

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

11

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

12

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

13

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

14

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

15

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-Terra
-

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.