【Solanaチェーン】Novafinanceとは

投稿日:

NovaFinanceはポートフォリオ管理プラットフォームです。
さらには自動で効率的な運用ができるよう、優れた他社のポートフォリオの真似などできるようです。
理念としては「簡単に」のようですが、仕組みは非常に複雑そうです。

資金調達も多くのVCより行っています。

URL:https://novafinance.app/#/
Twittter:https://twitter.com/NovaFinance_

■ プロジェクトの背景

ブロックチェーンのエコシステムの中で、オンチェーンでの実行は急速に活発化し、複雑化しています。DeFi産業は、多くの価値あるユースケースの一つであり現在実現しているオンチェーンプログラムは、2年以内に1,000億ドル以上の資金を集めています。このような需要と機会の増加に伴い、2つの課題が浮上しました。

1) 現在のブロックチェーンの中には、チェーン上のアクティビティの増加を持続的にサポートできないものがあり、その結果、ユーザーエクスペリエンスが低下し、ユーザーにとっての価値が低下してしまいます。

2) DeFiスペース内の機会の多様性には圧倒されますが、ほとんどのタイプのユーザーには相当なレベルの努力が必要です。


ソラナのブロックチェーンは、持続可能なオンチェーン実行のためのフロントランナーとして登場しました。そのインフラは、スケーラブルで高速かつ低コストです。1秒間に最大50,000件のトランザクションを処理する能力があり、発表時点での平均トランザクションコストは約0.000005ソル(0.00077ドル)であるため、ソラナはユーザーがオンチェーンプログラムに参加する際にシームレスな体験を提供することができます。


DeFi、そして実際にブロックチェーンのエコシステム自体が、Internet ofValueと呼ばれるより広いデジタルの進化の一部です。これらのデジタル環境は、お金、データ、サービスをより効率的に、透明に、そして多くの人がアクセスできるようにしています。私たちがデジタルフロンティアへの取り組みを続けるにつれ、私たちが所有するものの多くがこれらの環境に置かれるようになります。Novaのプログラマブル・アセット・フレームワークは、分散型の管理層として機能し、人々がこれらの環境への関与や露出をコントロールできるようにします。

■ デザインフィロソフィー

  • あらゆる種類のデジタル価値へのアクセスを提供
    暗号通貨、ステーブルコイン、代表的なトークン、NFTなどは、すべて価値のインターネットの進化に貢献しています。NOVAの役割は、これらの資産クラスにアクセスできるようにし、ユーザーがこれらの資産クラスをナビゲートするのに十分なコントロールを与えることです。

  • あらゆる機会にユーザーの価値を最適化する
    多くの可能性を秘めているにもかかわらず、ユーザーが価値のあるインターネットに参加し、利用可能な機会を十分に活用することは困難です。NOVAのフレームワークとインテグレーションは、ユーザーができるだけ多くの価値を引き出せるように設計されています。

  • 教育よりもオートメーション
    ブロックチェーンは誕生してから12年で使いやすさに関しては大きく進歩しましたが、まだまだ道のりは長いです。ユーザーの導入を促進するためには、教育が第一に考えられてきましたが、NOVAは自動化の方がより有益だと考えています。ユーザーは、できるだけ少ない教育とステップで価値を受け取ることができるはずです。

■ プログラマブル・アセット・フレームワーク

プログラマブル・アセット・フレームワークを利用すると、「nAsset」と呼ばれる出力トークンを受け取ることができます。これらのトークンは、ユーザーがフレームワーク内で展開したアセットを表しています。
なお、nAssetの構成は、実行された命令に応じて時間の経過とともに変化することがあります。また、nAssetは、nAssetに割り当てられた命令によって生成される追加の資産を表すようになることもあります。

-アセットクリエーション
nAsset mintを実行するためには、SPLM-Primaryと呼ばれるプライマリユーザートークンアカウントから、SPLMPrimaryと呼ばれるUSDC、SOL、BTCなどのアセットを送信する必要があります。


SPLUは、SPLMの資産を保存するために使用されます。SPLMとSPLUの両方は、nAssetフレームワーク全体で使用され、以下のいずれかの条件を持ちます。


プライマリー:入金前にユーザーが所有しているアカウントやアセットです。


セカンダリー:デポジット後もユーザーが所有しているアカウントやアセットですが、ユーザーはnAssetフレームワークにアクセスを委任して代行してもらっています。


ユーザーは、ポートフォリオ・プログラム・ミント・アドレス(PPM)と呼ばれる nAssetのデータアカウントを鋳造します。PPMには、関係する資産やnAssetのサポートメタデータなど、nAssetに関する重要なオンチェーン情報が含まれています。これらの情報はハッシュ化されているため、ミント化されたnAssetのルールセットは変更できません。ユーザーは、ロックされていないポートフォリオから退出することで、いつでもSPLMPrimaryアセットを取り戻すことができます。ユーザーは完全にコントロールすることができますが、nAssetのインフラを完全に実装するためには、アクセスを委任する必要があります。
このとき、ポートフォリオ・プログラム・ユーザー(PPU)と呼ばれるユーザーデータのアカウントも作成されます。PPUには、そのユーザーのための特定の情報が含まれています。PPUは、参加者の間で不適切な会計処理や決済が行われるリスクなしに、ユーザーがPPMを安全に使用することを可能にします。

-アセットマネジメント
nAssetが鋳造されると、nAssetに預ける資産を管理するための基盤が形成されます。預け入れの段階でSPLMPrimaryは、nAssetの作成プロセスで定義された組成に変換されます。

変換は、クロスプログラムの呼び出しによって確実に行われることを条件に、オンチェーンのスワッププログラムやトレードプログラムによって実行することができます。発売当初、NovaはSolana Token Swapプログラムを主要な変換プログラムとして利用しますが、オンチェーンのセントラルリミットであるSerum Swapも提供することを目指しています。
その直後に、bookを使ったスワッププログラムを開始します。


入金と変換を実行するために、変換プログラムは、SPLMPrimary資産を受け取り、変換を実行し、SPLM-Secondaryの
の資産を、それぞれの資産ごとに別々のSPLUSecondaryアカウントに入れます。ユーザーはnAssetフレームワークに対し、自分のSPLU-Secondaryアカウント内で、自分のSPLUSecondaryトークンを使用することを許可します。

引き出しの際には、SPLM-Secondaryの資産はSPLUSecondaryのアカウントから離れ、変換プログラムを介してSPLMPrimaryにスワップバックされる。その後、ユーザーに戻されます。


アリスは1,000米ドルを所有しており、33%の米ドル、33%のSOL、33%のBTCで構成されるnAssetを生成したいと考えています。

1.アリスがnAssetを採掘すると、彼女の1,000USドルがSPLUPrimaryアカウントに入ります。
2.アリスは、666.66USDCをSOLとBTCに変換する変換プログラムの許可を承認します。
3.USDC、SOL、BTCのそれぞれは、SPLU-Secondaryの口座に入れられます。

-プログラム可能性
ユーザーが追加の指示を持つnAssetを作成または参加した場合、nAsset内の資産は、設定されたルールや指示に基づいて時間をかけて変換または転送することができます。一般的に、実行可能なプログラム可能なアクティビティには2つのタイプがあります。

  • 変換手順
    これらは、nAsset内の資産を別の資産に変換するための指示であり、これによりnAssetは、ユーザーが設定した条件に基づいて、その構成を変更することができます。

    PPMには、変換に必要な指示を含んだ追加プログラムがオンチェーンで展開されます。変換は、時間や資産価格など多くの条件に基づいて行われます。後者や他のオフチェーンデータタイプでは、変換プログラムが作用するための信頼できる情報を提供するために、オラクルが使用されます。定期的に変換プログラムが呼び出され、オラクルデータをチェックします。条件が満たされれば、PPMは変換プロトコルを使って変換を実行します。

    このオペレーションの資金として、nAssetの発行を一貫して実行するために、参加している各ユーザーから当該トークンを少額(0.01USDC程度と推定)徴収します。その金額は後に自動的にSOLに変換され、次回以降のオペレーションの実行手数料を賄うことができます。

    まず最初に、Novaは、ユーザーが利用できるように、あらかじめ定義された戦略を提供します。しかし、この分野は、プロトコルのガバナンスシステムが成熟するにつれ、誰もが貢献できるようになるでしょう。
  • Vault Deposits
    ヴォールトとは、流動性プールや融資プロトコルなど、ユーザーの資金をコントロールする必要のあるプロトコルやプログラムの総称です。ユーザーは、SPLUSecondaryアカウントから、これらのツールを利用する外部プログラムへの委任を承認することができます。

    PPMは、金庫と連携する際に、SPLURと呼ばれる報酬トークン用のユーザーアカウントも作成します。ユーザーは受け取ったリワードをSPLURから直接引き出すことができます。将来的には、SPLURに到着した資金は、PPMの変換プログラムを使って、SPLUSecondaryアカウントや金庫に転送したり変換したりすることができます。

■ アプリケーション

nAssetフレームワークは、Nova Finance MVPに搭載されており、今後、リテールや機関投資家などの一部の顧客向け
に、後続の製品や改良版を提供していく予定です。

特徴

  • デジタルアセットアロケーション
    Nova Finance MVPは、ブロックチェーンベースの技術プラットフォームで、経験豊富な暗号通貨ユーザーが資産配分を自動化・最適化するためのツールを提供し、場合によっては他のユーザーと資産配分を共有することもできます。
    これにより、さまざまな自動制御機能を備えたダイナミックなポートフォリオnAssetsを誰でも作成し、展開することができます。ユーザーは、これらの自動化されたルールを活用することで、自身のデジタル資産を管理し、新たな市場動向に対応することができます。このツールは、ユーザーが利益を最適化したり、資本リスクを低減したりできるように設計されています。

    経験の少ないユーザーは、ポートフォリオに参加し、経験豊富なユーザーが作成した戦略を共有することができます。これにより、経験の浅い人でも、暗号通貨のエコシステムに持続的に参加することができます。

  • オートイールドジェネレーション
    ポートフォリオ資産は、より高いリターンと引き換えに、よりリスクの高い利回りの機会に預けるように設定することができます。また、他のユーザーが作成した特定の戦略に参加したユーザーは、生成された利回りの10%をポートフォリオ作成者に自動的に還元し、インセンティブを与えることで、インサイトや戦略の作成・共有を促進します。
    発売当初は、多くの利回り戦略が用意されていますが、新たな機会があれば、継続的に新しい戦略が追加されます。

  • ステーキングプログラム
    ポートフォリオのnAssetsは、プロトコルの活動をサポートするためのインセンティブとしてNovaTokensを受け取ることができるステーキングプログラムに参加することができます。流動性の提供、チームの一員としての開発作業、プロトコルの使用)を行います。

メリット

  • カスタマイズ
    nAssetのインフラストラクチャは、ユーザーがリスクを減らし、利益を最適化できるようにしながら、資産に大きな柔軟性と流動性を提供します。プロトコルの進化に伴い、nAssetフレームワークがユーザーに提供できる制御、機能性、接続性のタイプも多様化していくでしょう。
  • コンポーザビリティ
    ソラナで鋳造されたnAssetは、SPLトークン規格の形をしています。これは、他のプロトコルがnAssetに格納された値を受け入れて使用することが容易であることを意味します。
    例えば、nAssetをCDP(Collateralized DebtPosition)として使用し、安定したコイン資産を鋳造する一方で、nAssetの構成を積極的に変化させ、他の場所で利回りを獲得するといった使用例があります。
    プロトコルはnAssetの価値と内容を照会することができ、適切な割り当てと清算の活動が行われることを保証しています。
  • コントロール
    ポートフォリオでは、様々な機能を利用することができますが、ユーザーは預けた資産が実行される活動に対して完全な自律性と透明性を確保することができます。ユーザーは、いつでもペナルティなしにポートフォリオから退出することができます。
    ポートフォリオは、関連するブロックチェーンネットワーク上に展開された自律的なスマートコントラクトのセットから構成されており、ユーザーがスマートコントラクト上で機能を呼び出し、適切な資産を選択することによって直接操作されることを繰り返し強調しておきます。スマートコントラクトをデプロイした元のエンティティ(このエンティティは、ユーザーに技術的なツールを提供することのみを目的としており、いかなる種類の証券商品や規制されたサービスも提供していません)による更なるコントロールや相互作用はありません。

■ 今後の展開

Nova Finance Protocolの開発は、ガバナンス、ユーザーからのフィードバック、DeFi環境の進化によって進められます。NOVAの開発ロードマップは、新しい機会や優先事項に応じて、時間の経過とともに変化し、適応していくと思われます。Novaのロードマップの最新情報は、当社のウェブサイトやコミュニティチャンネルでご確認ください。

以下は、NovaFinanceプロトコルとそのインフラにとって重要なマイルストーンであり、貢献するものであると認識している開発のリストです。

サードパーティの統合
Novaは、さまざまなアセットクラス、機能、プロトコルとの統合や接続のための機能を引き続き拡張していきます。また、他の開発者がNova FinanceProtocolを利用できるようにして、ユーザーに付加価値を提供できるようにして
いきます。

Meritocratic Voting
ブロックチェーン空間におけるガバナンスは、Gitcoinのようなプラットフォームでの二次投票やCurve.Fiのインセンティブモデルや委任モデルなど、最近ではさまざまな実験やバージョンが登場しています。しかし、私たちは、改善された意思決定モデルを生み出す機会はまだあると考えています。
メリトクラシー(Meritocracy)とは、出所や出身地に関わらず、最良のアイデアが支持されるという考え方です。NovaProtocolでの決定は、ネットワーク共通の価値観に基づいて採点されます。最良のアイデアは、価値のある要素の中で高いスコアを獲得し、最も早く優先的に実行されます。最良のアイデアを提案・支持した人には、その努力が報われます。


ガバナンスシステムは、以下の分野での意思決定に責任を持ちます。

  • nAssetの統合
  • プロトコルのアップグレードと修正
  • 財務支出
  • アロケーション・アセスメント

プロジェクトが成熟してくると、以下のような点で、より多くの自律性がネットワークに委ねられるようになります。

マルチチェイン機能
Novaのプログラム可能なフレームワークの価値は、ユーザーに提供できる機能やアクセスの範囲に由来します。そのため、ユーザーに最大限の価値を提供するためには、Novaがより幅広いアセットやブロックチェーンへのサポートを拡大することが必須となります。
EVMの互換性と導入は、ノヴァファイナンスとそのサポート対象資産の拡大において、主要な焦点となります。しかし、一部のEVM互換チェーンではコストや効率性に限界があるため、チェーンの選択や利用可能な機能について
は、高品質なユーザーエクスペリエンスを確保するために慎重に検討していきます。

■ NOVAトークンユーティリティ

Nova Tokenは、主にガバナンスを志向したトークンです。NovaTokenは、Meritocratic Governance Systemの中で重要な重み付け要素となります。Nova Tokenは、保有者がNovaFinanceの将来の機能やパラメータを決定するためのオンチェーンのガバナンス提案を作成し、投票することを可能にします。

例えば、プロトコルのアップグレードや変更、財務支出や配分の評価などが挙げられます。
投票権は、ノヴァ・ファイナンスの特徴に関する投票のみに限定されており、ノヴァ・トークンの保有者は、当社、その関連会社、その資産の運営・管理、またはトークン保有者への当該資産の処分に関する投票権、これらの事業体の取締役会の選出、またはこれらの事業体の開発方針の決定を行う権利はなく、これらの事業体の持分や集団投資スキームを構成するものではなく、本アレンジメントはいかなる形態のジョイントベンチャーやパートナーシップも意図していません。
さらに、Nova Tokenは、ユーザーがNovaFinance上のエコシステムへの貢献や参加に向けて努力することを促す経済的なインセンティブを提供し、すべての参加者がその努力に応じて公正に報酬を得ることができる互恵的なシステムを構築しています。NovaTokenがなければ、NovaFinanceのエコシステム全体の利益のために、ユーザがリソースを費やして活動に参加したり、サービスを提供したりするインセンティブが得られないため、Nova TokenはNova Financeに不可欠な要素です。
NovaTokenは、アクティブな参加者に特定の製品やサービスへの独占的なアクセスを許可するライセンスを組み込んだロイヤリティ会員ポイントとして機能します。
トークンを利用することで、ユーザーは、特定の限定的な製品やサービス、イベントへの優先参加、より高いレベルの取引報酬など、プラットフォームの機能にアクセスすることができます(これらの報酬にアクセスするためには、ユーザーはプラットフォームに参加する必要があります)。

プロジェクトの効率的な運営のために、ユーザーがNovaTokenに簡単にアクセスできるようにするために、ユーザーはプロトコル内で参加するインセンティブを得ることになります。1つ目は、流動性提供者の役割です。ユーザーは、自分のNova Tokenをデジタルアセットのペア(例:USD/NovaToken)で分散型マーケットメイキングプールにステークすることで、取引に必要な流動性を提供します。機会費用の補償として、LPトークンと引き換えに資産を流動性プールにステークするか、資産を含めることでノヴァファイナンスの導入促進に貢献したこれらの流動性プロバイダーは、ノヴァトークン(例:USD/Novaトークン)で報われます。

NovaFinance上の流動性「マイニング」を、様々な調整・補正パラメータ後の各ユーザーの相対的な貢献度に応じて分配します。このようにNovaトークンを分配することで、ガバナンストークンが主に主要なネットワーク貢献者に分配されることを保証し、彼らがプロトコルのパラメータに対して発言権を持つことを可能にします。2つ目のインセンティブは、プロトコルを積極的に利用したユーザーに、利用活動の主要な指標に基づいてNovaトークンで報酬を与えることです。これは、上述の流動性提供に関する報酬・分配構造と同じです。
Novaのエコシステムが進化するにつれ、Novaトークンの有用性を高める新たな機会が訪れる可能性があります。このような場合、Nova Governance Systemを使用して、プロトコルのアップグレードや修正、Treasury Spend and
Allocation Assessmentsなどの変更を決定し、定義します。

NOVAトークンは、当社、販売会社、それぞれの関連会社、その他の会社、企業又は事業の株式の保有、参加、権利、権原又は利益を表すものではなく、また、NOVAトークンの保有者は、手数料、配当、収益、利益又は投資収益を約束されるものではなく、シンガポール又は関連する法域において有価証券を構成することを意図するものではありません。NOVAトークンは、ノヴァ・ファイナンスにおいてのみ利用することができ、NOVAトークンの所有権は、ノヴァ・ファイナンスの利用及びノヴァ・ファイナンス内での交流を可能にする手段としてNOVAトークンを利用する権利を除き、明示的にも黙示的にもいかなる権利も伴わないものとします。

ディストリビューション
総供給量10百万
● 財務省:27.13%
● 流動性とインセンティブ:31.75%
● チーム:10%
● ファンドレイジング:28.81%
● アドバイザー:2.31%

おすすめ記事

1

Oasis公式WalletでROSEをEmeraldへ送る方法。

2

▼目次 公式Wallet Wormhole チェーン間ブリッジ YuzuSwap 分散型取引所(DEX) WePiggy(未稼働)  レンディングプロトコル BandProtocol オラクル Amy ...

3

Solanaチェーン上のメタバースプロジェクトのまとめ

4

Solanaチェーン Socialプロジェクト一覧

5

BOBA NETWORKのメタマスク接続やブリッジ方法などの解説

6

TulipProtocol(SolFarm)での3種類の運用方法「Vaults」,「Lending」「Leveraged Farming」の解説

7

SolanaチェーンでのNFT購入方法ー初心者向け解説ー

8

Avalanche(アバランチ)チェーンでのDeFi始め方。

9

Avalancheのローンチパッド「Avalaunch」の使い方(IDO参加方法)の詳細

10

Project SEEDは、Solanaブロックチェーン構築されたアクションロールプレイングゲーム。ゲームの詳細を解説。

11

AvalancheRush(アバランチのDeFiインセンティブプログラム)の詳細。

12

OasisチェーンのWalletでのステーキング方法や使い方の解説。

13

■仮想通貨で稼ぐ手段3つ

①DeFi(分散型金融)

②ステーキング、レンディング

③安く買って、高く売る

14

2021年冬のヤフオク!でのNFT取引開始により、今後LINK(LN)は大きな価格上昇は期待できる。

15

ルイ・ヴィトンのNFTゲームでの稼ぎ方と攻略方法

-Solana
-

Copyright© やさしい仮想通貨 DeFi・IDO情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.